農業や養鶏、販売を通じて生活する力を身につける!名古屋市東区の就労継続支援B型事業所むすび

就労継続支援B型事業所むすび

461-0022 名古屋市東区東大曽根町21-9 柏英ビル1F

受付時間:9:30~15:30(土日祝を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

代表メッセージ

代表メッセージ

本来、「仕事」とは「志事」であり、      「お金の為に我慢してやるもの」ではなく、   「自分の役割を実感でき、人に喜んでもらえるものや世の中の為になるもの」だと思います。

しかしながら、すべての人が仕事に対し    「志」や「やりがい」を             感じられるわけではないと思うのです。

むすびの仲間(利用者さん)になってくれる人には、お金を自分の力で稼ぐところから始めてもらい、  そのお金で自分のやりたい事や買いたいものを買う。

そうやって、「自分のやりたい事を自分の力でやれるようになる」力を身につける事で、  始めて「勤労意欲」の持続につながります。

まずは、そこから始める事で頑張るきっかけになり、                  嫌なことも少しずつ我慢できるようになります。                    それが出来るようになってくると、                          もっと「人に喜んでもらう事をししたい!」                     「どんな人でも自分の居場所を感じて働きたい!」                   「楽しい事をしてやりがいを感じて働きたい!」となってきます。

自分のためだけでなく、                               例えば「お父さんお母さんのために何かしてあげたいから仕事頑張る!」         という気持ちの変化が出てきます。                          むすびに来てくれる利用者さんが、                          そんな気持ちになれるワークスペースを作りたいと思っています。

もちろん仕事は大変です。                              でも役割を感じて仕事をやっていると、辛くはないし体も元気になることを実感しています。障がいをお持ちの方だけでなく、どんな人も自分の居場所を探していると思うのです。   私もそうです。この就労継続支援事業所が、「多くの方の楽しい場所」になり       「多くの縁をむすぶ」場所になって欲しいと思い、「むすび」という名を付けました。   

農業や養鶏、マルシェでの販売などを通じて、                     みんなが「たのしく役割を感じられる」場所を作っていく事が自分の志事だと思っています。

 

就労継続支援B型事業所むすび 代表 東洋平